東京

いちヲタクからセルフプロデュースを経て次の世代の運営に。変化するポジションからアイドルを見続けた汐垣飛鳥が思う在り方。